合宿免許の仕組み

合宿免許のできた背景

いろんな種類の免許通常数ヶ月かかる運転免許。
しかし、合宿免許は最短数週間で取得できます。
普通の教習所に通って、オートマにしてもマニュアルでも免許取得とは明らかに取得にかかるスピードが違います。
どのような仕組みになっているのか知っておいたほうがいいですね。

合宿免許の仕組みについて。
それは、自動車教習所が暇な時期を上手に活用して、効率よく運営しているという背景がありました。

車の免許は、いまや社会人なら持っていないと不便とも言われているアイテムかもしれません。

一般的な方法で、取得しようと思ったらかなり時間がかかります。
それなりの時間の融通が利く人でなければ、なかなか難しいのです。

でも、大人になってから自動車免許を取得しようと思っても、昼間は学校に通っているとか、仕事にいっているので、夕方から夜にかけてしか教習所に通うことが出来ないと言うこともありますよね。
それに、休日にしか予約を入れることができなくなりますよね。
すき間時間を利用するのも手ですけど、教習所側が空いていなければ意味がありません。
それではかなりの時間がかかります。

また教習所側も、稼動する時間帯として夜や休日だけ混んでいて、朝や昼間は予約があまりないということになりますので、これでは稼働率が悪いとも言えるのです。

そういった背景もあり、合宿免許が作られました。
合宿免許では教習所の予約がよく入るとされている夕方から夜の時間帯、休日はできるだけ避けられております。
予約があいている時間帯に、まとめて集中的に教習していくのです。

これは忙しい人にとっても教習所のスタッフにとっても、効率がいい使い方なのです。

合宿免許のシステムの特徴

短期間で免許を取得できるのは受ける側にとっても、とてもありがたいことではないでしょうか。
その中で金額も通常の運転免許取得よりも安くなりますし、宿泊代金も、食事代も込みという普通の値段よりも安くなっているということもあり、人気があります。

数週間で運転免許を取得するというのは通常ではありえないことですが、これが合宿免許の仕組みなのです。

参考サイト:自動車免許合宿での免許発行の仕組みについて

自動車を運転するのは運動神経や反射神経もある程度必要です。
夕方、夜、休日しか通えない人にとって、なかなか続けて教習を受けることができないために、間が開きすぎてしまうということもあるでしょう。
つい忘れてしまうこともありますが、毎日時間を詰めて教習をすれば、自然に慣れてきて運動神経も反射神経も備わってくるのです。

そして予約をいちいち入れる必要もないシステムなのも特長。
続けて教習を受けられる仕組みですから、短時間で運転免許を手に入れることができるのです。

こんなに受講者にとってメリットは多いですが、採算が合っているのかと思っている人もいるかもしれません。
先ほど申したように、教習所が空いている時間帯を利用しているので、リーズナブルな価格設定でも問題ないのです。