相場が違う理由

相場の異なる理由

合宿によって免許を取得する際、それぞれ相場が異なることに気づくことでしょう。
基本的な相場としては入学金、教習費、検定日、免許交付手数料、宿泊費、食費などを全て含めて25~30万円前後となっています。

免許取得が遅れた場合には追加費用がかからないところが一般的となっており、大体このくらいの相場と捉えられている方も多いことでしょう。
しかし中には20万円前後という破格の安さで合宿免許を利用できるところもあります。

なぜ相場が異なるのかというと、その理由の1つが合宿に使用する宿泊施設です。
ホテル宿泊プランなどを用紙しているところを見ればわかりますが、やはりランクの高い宿泊施設を提供しているところは相場も高くなります。

一方教習所を経営する企業が所有する宿泊施設や民宿などを利用しているところであればコストを抑え、その分合宿費用も安くなります。
相場が違うもう一つの理由に食事というものも挙げられます。
合宿プランには食事付きのプランと、自分たちで食事を調理する自炊プランが用意されているところがあります。
自炊の場合自分たちで材料などを購入し、実際に自分たちで調理を行うため合宿費用に食事代金が含まれることはありませんので、その分費用を安くすることが可能です。

一方自分で食事を用意するのは面倒だという方には費用は若干上がりますが、食事付きのプランを利用してゆったりと合宿生活を過ごすことができるコースもあるため、それによって相場も変動する事になります。

コースやプランの選び方

合宿免許に求めるものは人それぞれに異なります。
合宿免許の魅力は短期間で安く、地元では体験できない場所で、新しい出会いを求めながら免許の取得ができる点にあるでしょう。

一方で少しお金をかけてもいいから観光を満喫できたり、美味しい食事を楽しんだり、ゆったりとした豪華な宿泊ホテルを利用したりしたいという方もおり、そのため教習所側も様々な合宿コース・プランを提供して、多くの利用者の獲得を行なっていることになります。
また地域によっても値段設定に差が生じることもあり、それによって合宿費用相場も変動します。

費用に重点をおく場合は自炊プランや格安の宿泊施設で免許取得できるコースを選ぶのが良い方法と言えるでしょう。
また学割や特割など様々な割引を適用できる教習所もあるため、あわせて利用を考えてみるとよいでしょう。
中には女性専用で利用できるレディースプランなどもあるため、費用相場と合宿免許に求める条件を吟味して、いろいろ探してみてはいかがでしょうか。